今、巷ではアロマブームが起きています。東急ハンズなどでもアロマコーナーがあり、文具店でもアロマを扱っているところが多くあります。アロマ市場のターゲットは大半が女性ですが、アロマに求めているものは主に「リラックス」と「美容」です。現代人は多く抱えるストレスに癒しを求めています。

 代替医療としてのアロマテラピーが普及している欧米では、エッセンシャルオイルが治療の目的に従って、皮膚塗布のみならず飲用など医療品同様に使用されています。
 アロマとは、芳香植物を指します。つまりアロマテラピーとは「芳香療法」という意味です。

 「ラヴァンジン・アプリアル」はラベンダーの一種で植物の名前です。そのラヴァンジンの種類の中でもアプリアルのエッセンシャルオイルは、香り・成分のバランスが良く、限定された畑からのみ収穫される大変貴重なラベンダーから作られるオイルです。メディカル・ユーズを前提とした厳しい品質基準をクリアしたエッセンシャルオイルが特定農家を通じて、直接みなさまにお届けすることが出来るようになりました。

●鎮静、リラックス作用 ●筋肉のこわばりを和らげる
●鎮痛作用 ●筋肉のけいれん止め作用
●抗炎症 ●殺菌消毒
●傷を癒す ●虫除け
※他にも様々な作用が期待できます。

☆入浴剤として…
 1回に4〜5滴を直接湯船に入れてください。
☆お部屋で芳香剤として…
 1回に2〜3滴をお湯の入ったマグカップに入れてください。
 ディフューザーで空気に香りを拡散させてもご使用いただけます。
☆ボディクリームとして…
 1回に1〜2滴を油性のボディクリームに混ぜてご使用ください。
 全身マッサージの他、リラックス、不眠症緩和に2,3滴混ぜ、手首の内側やみぞおちに塗っていただけます。
☆痛みの緩和に…
 頭痛・筋肉痛・皮膚炎・火傷・刺し傷などに、幹部に1日2,3滴ご使用いただけます。
☆ホホバオイル(植物油)と一緒に…
 マッサージオイルとして市販のホホバオイル(植物油)に数滴混ぜてご使用いただけます。

お子様の手の届かない冷暗所で保管してください。
お肌に合わないとき、赤み、刺激などの以上が現れた場合には使用を中止してください。
マッサージに使用する際には希釈してご使用ください。
目に入ったときは、水を使わずに植物油で洗い流すか、医師に相談してください。
飲んでも効果はありません。数滴の服用でしたら問題はありませんが、大量の誤飲をした場合は吐き出してください。
オイルは揮発するので衣服に付いた場合もシミにはなりにくいですが、生地の素材によってはシミになる場合があります。
お子様に使用する場合は、保護者の目の届くところで大人の半量をご使用ください。
室内で芳香拡散させる場合、犬には問題有りませんが、猫には精油成分を十分に代謝することが出来ないので、お避け下さい。
大草弘真堂薬局